コツ

    6d33790a0650088d1f0b64618d7eb911-768x511

    1: 君の名は(dion軍) 2017/09/04(月) 18:32:08.18 ID:nMqzRB9m0
    土田システムのトイツ理論は覚えた方がいい

    【【乃木坂】麻雀番組に出演する中田花奈に麻雀に勝つコツを教えてあげようぜ】の続きを読む

    MJ885_taikyokucyu15110033_TP_V
    1: 以下、VIPがお送りします 2017/06/24(土) 19:48:55.895 ID:8IJAAJ+pd
    1. 全ての局でチャンタを狙え

    チャンタは麻雀牌34種中25種もの牌が使え、鳴いてもOKな、極めて成立させやすい役である
    その上、メンゼン2翻、純チャンになれば3翻、役牌や三色との複合もしやすく、高打点になりやすい
    さらに、自分がチャンタを狙っていると分かれば、相手は先に述べた25種もの牌を打ちにくくなり、絶大な牽制効果がある

    2. リーチは損なので極力打たない

    まず、ダマで5200や7700ある場合、1翻プラスによる得点上昇のメリットが小さいのでダマである
    そして、1000点や2000点の手で、防御力をゼロにし、リーチ棒供託までするのは割に合わない
    したがって、リーチしていいのは、
    2600→5200
    3200→6400
    3900→7700
    の3ケースと、役なしの5200以上のときだけである

    3. リーチしていいのはリャンメンと字牌待ちのときだけ

    カンチャンだと和了れる確率がリャンメンの1/2になってしまう上に、追っかけリーチが入るとさらに不利になる
    したがって、リーチしていいのは6枚以上待ち牌が残っている場合だけである
    例外として、字牌はリーチをかけても出やすいので、字牌待ちのときもリーチしてよい

    【麻雀の実力が劇的に変化する10のコツ】の続きを読む

    このページのトップヘ